おすすめの道具」カテゴリーアーカイブ

私が実際に使って便利だった、おすすめの洋裁用具のご紹介。

ゴムを通すとき、ゴムが途中で抜けてイラっとしない方法

こんばんは。ちょっと更新をさぼっていましたが、
洋裁教室と型紙販売『服のかたちデザイン』のflicoです。

今日も教室、それからワークショップの準備などしていました。

ワークショップ用のパンツのサンプルのウエストに、
ゴムを通していて思ったのですが、

ゴムを通すとき、私は安全ピンを使います。
これって、もう常識?なのかもしれないですけど。

ゴム通しとして販売されている道具は、通すものとか、挟むものとかありますが、
途中で取れたり、抜けたりすることがあって、イラッとなるのです。

安全ピンなら抜けないで、通せます。

これだと、細いゴムの場合はゴムがちぎれる事があるので、

こんな感じに、一針すくうようにします。

通します。

お尻のほうも止めておきます。

止めておかないと、引っ張られて中に入ってしまい、また最初から通し直しで、きーっとなります。

そして、気になる数字は、ゴムの寸法です。
私は、画像のように、ゴムに何センチのゴムを通したか、
数字を書いておきます。

今回は、ラインのところがちょうど64㎝です。

これで仮に、さっき使った安全ピンでとめてみて、
試着してみます。試着してからゴムを縫うと間違いないです。

大きかったら、ゴムを切って短くします。
例えば、2cm切ったら、2cmゴムが長かったという事なので、
次回から62㎝にすればいいのです。

ゴムはメーカーによって、強さがぜんぜん違うので、
いつも同じものを使い、データを残していきます。

そうすれば、あー、何センチにするんだっけー?
と、思い悩まず、すっきり出来ます。

今日はここまでです。
何かのお役に立てればうれしいです。

+
ワークショップにとってもたくさんの
お問合せありがとうございます!

現在準備しております。

現段階で、いっぱいになりそうなので、公開での募集は先になりそうです。
ご案内をご希望の方がいらっしゃいましたら、
お問合せよりご連絡ください。

直接メールか、FBのメッセージで詳細をお知らせいたします。

+

ブログランキングに参加しています。
ちょっと新しい発見があったかも、という方は、ぜひ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ
にほんブログ村

ネットショップでもかわいい型紙販売中です♪

ショップはこちらです。
https://minne.com/@flico

+

今日もご覧いただき、ありがとうございました。