型紙に縫い代を付ける3

【定規無しでカーブの縫い代を書く方法】
おはようございます。
ブログを引っ越しして、少し緊張気味でしたが、
結構、評判がいいので、こんな感じでやっていこうと思います!
よろしくお願いします♪

今日は先日からの縫い代についての記事

『縫い代1㎝を簡単にミシンで縫う方法』

『型紙に縫い代を付ける1』
なぜ縫い代付きの型紙がおすすめなのか。

『型紙に縫い代を付ける2』
方眼定規でカーブに縫い代を付ける方法

の続きです。

+
例えば、袖山などのカーブを写したいときは、
どうすればいいのか・・・

1、フリーハンドで書く、とか
2、真っすぐな定規を使って書く、とか
(↑上の『型紙に縫い代を付ける2』に動画があります。)

3、カーブ定規を使って書く、とか。

でも、大抵の方はカーブ定規も持ってないし、
2の方法は練習しないとできない!のです。

ですので、おすすめの方法は

『フリーハンドの点線で書く』

です。

1、まず、画像のように写したい型紙
の上に、型紙用紙(ここでは見やすいように、
トレーシングペーパー使っています。)
を置いて、ラインを点線で書きます。

つなげて線を描くより、点線のほうが
ラクに、正確に書けます。

2、1で書いたラインから、縫い代を付けたい
方向に縫い代分の寸法をとります。
ここでは1センチ。

3、そして、矢印の方向に、紙をずらします。

4、透けているカーブに、2の点を合わせて、
カーブを点線で書きます。

※完全にカーブは一致しないので、
少しづつ、紙をずらし、
合うカーブを探して写していきます。

5、このように書けます。

内側の点線は出来上がり線です。
つなげたラインに書き直してもいいですが、
このままでも製作には困りません。
仕事でどこかに提出するなら別ですが。

外側は縫い代のラインです。
切り取って型紙にしますので
このままでOKです。

ぜひやってみてくださいね♪

すっきりできる、作り方のレシピと型紙を
販売しています。

新しく、こちらのスタイの型紙も
販売開始です♪

パンツとセットもかわいいです♪

個人の作家様に限り、商用もOKです!
ぜひ、ショップものぞいてみてくださいね。
https://minne.com/@flico

『服のかたちデザイン熊本』flico フリコ

+

ブログランキングも復活しました。
本格的な洋裁ジャンルへ行きました。
埋もれないようにがんばります~

何かのお役に立てましたら、応援クリック
お願いいたします♪

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ

ご覧いただき、ありがとうございました!