型紙に縫い代を付ける2

ご覧いただきありがとうございます。
洋裁教室と型紙販売『服のかたちデザイン熊本』のflicoです。

今日は、縫い代を付けている様子を動画でアップしてみました♪

先日からの縫い代についての記事
『縫い代1㎝を簡単にミシンで縫う方法』

『型紙に縫い代を付ける1』

の続きです。

方眼定規を使って、カーブに1センチの縫い代を付けています。

私が愛用しているのは、

プラスチックで、透明の方眼定規です。

小さいのは、幅2.5㎝、長さ30㎝

大きいのは、幅5㎝、長さ50㎝

状況によって使い分けています。

大きいほうは、普通の手芸店にあると思います。

 

1cmの縫い代を付けるときは、

シャーペンで指している、1cmのラインを

出来上がりのラインに合わせます。

線を引くと、こうなります。

カーブ部分は動画のようにして、縫い代を書くと、

完成はこのようになります。

カーブに合わせて、真っすぐな定規で線を引くのは

少し慣れが必要ですが、慣れればできます!

でも、難しいよー!という方のために、次回は

また違う方法をご紹介しますね♪

何かのお役に立てればうれしいです!

『服のかたちデザイン熊本』
flico フリコの型紙ショップはこちらです。

https://minne.com/@flico

型紙に縫い代を付ける2」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: 襟付きスタイの型紙&レシピ販売のお知らせ | ハンドメイドの型紙販売と教室flico熊本

  2. ピンバック: 型紙に縫い代を付ける3 | ハンドメイドの型紙販売と教室flico熊本

コメントは停止中です。